スノーピーク初の施設が三浦半島に!今夏は海辺でグランピングしようその0

スノーピーク初の施設が三浦半島に!今夏は海辺でグランピングしよう

2017-06-30
157353 Point
昨夏よりアウトドアの新たなトレンドになったグランピング。山でのグランピングが定番ですが、海を望むシーサイドグランピングも開放感満点でおすすめです。2017年6月9日には三浦半島の最東端、横須賀・観音崎の海沿いに、観音崎京急ホテルが運営するシーサイドグランピング施設「snow peak glamping 京急観音崎」がオープン! 新スタイルのグランピングをご紹介します。

文/小林智明

贅沢な海辺のグランピング

贅沢な海辺のグランピング
京浜急行電鉄とアウトドアブランドのスノーピークが手掛ける「snow peak glamping 京急観音崎」。海を眺めながら観音崎京急ホテルのレストランシェフが提供するバーベキュー料理を味わい、世界的な建築家とコラボ製作した宿泊施設に泊まる、贅沢なキャンプスタイル。アウトドア初心者やキャンプがあまり得意ではない人にもおすすめです。大自然の中で高級ホテル並みの充実したサービスを受けられる、最新グランピングを体験してみませんか?

スノーピーク初の常設グランピング施設

スノーピーク初の常設グランピング施設
海辺に3室並ぶ客室は、世界的な建築家の隈研吾氏とスノーピークがコラボして製作したモバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」。ヒノキの合板を組み合わせた長方形のシンプルなトレーラーハウスで、大窓を開け放せば、目の前に東京湾が広がる絶好のロケーション。夕陽が沈む開放的な景色を眺めながらゆったり過ごすのは、最高のひと時ですよ。備品や食器類などもスノーピークブランドの製品で、ハウス内もお洒落な雰囲気です。

夜はホテルシェフによるグランピング料理を

夜はホテルシェフによるグランピング料理を
夕食はモバイルハウスの屋外デッキで、潮風を感じながらバーベキュー。三浦半島で採れた三浦かぼちゃなどの新鮮野菜をはじめ、走水の湧水や長井産の鶏卵といった地元食材をふんだんに使用した、観音崎京急ホテルのシェフによるグランピング料理を味わえます。アウトドアでホテルシェフの美味しい料理を楽しめるのは魅力的ですよね。

広いお風呂でリラックス

広いお風呂でリラックス
アウトドアながら、観音崎京急ホテルに隣接する温浴施設「SPASSO」の入館フリーパスが付いているので、広いお風呂で汗を流せるのも魅力的。「SPASSO」の館内はアジアンテイストで統一され、シェイプアップバスなどの浴槽のほか、岩盤浴やボディケアも充実しています。女性用の眺望露天風呂からは、海や広い空が一望でき、身も心もリフレッシュ! ワンランク上のシーサイドグランピングは、この夏の一押しです。


◆snow peak glamping 京急観音崎
住所:神奈川県横須賀市走水2-1157-2
電話:046-841-2525
※電話・HPで要予約

旅行 神奈川県 三浦半島 ホテル シーサイドグランピング グランピング 国内 スノーピーク キャンプ リゾート