お泊りデートも怖くない!「すっぴん風メイク」を作る4つのポイントその0

お泊りデートも怖くない!「すっぴん風メイク」を作る4つのポイント

2017-01-19
80218 Point
旅行先でお風呂に入ってメイクを落としたけれど、すっぴんに自信がない…という方におすすめなのが、今やスタンダードになった「すっぴん風メイク」です。今回は、大人女子向けのすっぴん風メイクのポイントをご紹介します。

すっぴん風メイクのポイント①ベースメイクを重ねない

すっぴん風メイクのポイント①ベースメイクを重ねない
すっぴん風メイクの要は「肌」となります。イメージするのはお風呂上りのしっとりとした艶肌。ベースメイクを重ねると厚化粧になるので、ファンデーションは使わず、コンシーラーで気になる部分をカバーし、色付き+UVカットの下地で整えましょう。

どうしてもファンデーションを塗りたい場合は、ピンクベースのベージュの下地を使用すると自然に見せることができますよ。

すっぴん風メイクのポイント②眉毛はナチュラル太眉で

すっぴん風メイクのポイント②眉毛はナチュラル太眉で
すっぴん風メイクをする場合、眉はやはり太眉をおすすめします。メイクの印象を決める部分でもあるので、アイブロウを利用してふんわり眉毛にのせましょう。

色は髪色よりワントーン明るい色を選ぶと、顔がぱっと明るく見せる効果も。眉毛の毛と毛の感覚を埋めるように、さっと塗るようにしましょう。どうしても描いているように見えてしまう方は、パウダータイプのアイブロウを使ってみるのも手。眉毛の長さは目尻より少しだけ長めにするとナチュラル感がでます。

すっぴん風メイクのポイント③アイメイクは軽めに

すっぴん風メイクのポイント③アイメイクは軽めに
アイメイクも軽めにしてナチュラル感を演出したいところですが、やっぱりぱっちりとした瞳を演出したいですよね。そんな方は、ブラウンベースのアイシャドウを使ってみましょう。もちろん、薄付きがマスト。

アイラインはペンシルを使用してまつ毛の隙間を埋めるようにします。マスカラはしないほうがよりナチュラル感が出ますが、どうしてもという方は根本のみに。アイラインもマスカラもブラウンを使えばより「すっぴん風」を演出できますよ。

チークは薄い色で重ね付け

チークは薄い色で重ね付け
すっぴん風メイクに仕上げるチークの付け方は、一度で完成させないようにすること。重要なのは内側から発色する赤味なんです。じゅわっとした血色感に仕上げるためにも、薄色のチークを重ね塗りしましょう。そうすることで、湯上りのような頬が完成します。

自然な発色のチークを選ぶことで、ナチュラルな美しさを演出することができますよ。

また、唇の色の境界線が薄くなったりすると、老けてみえるので薄いピンク色のルージュをぬったり、保湿リップで唇につややかさをだすようにするのも使えるテクニックのひとつです。

すっぴん メイク 旅行 コスメ 方法 恋人 カップル テク 化粧 デート