シマグワは時代の申し子か?! 期待できる美容効果がすごすぎてハッピー!【連載第48回】その0

シマグワは時代の申し子か?! 期待できる美容効果がすごすぎてハッピー!【連載第48回】

2018-10-30
29906 Point
沖永良部ってお土産あるの? そう思ってるあなた! 気持ちわかります、イメージ湧きませんよね(笑)。でも、自分は節穴だったと悔いる気持ちの今なのです。沖永良部のあちこちで目にする「シマグワ」! シマグワの有効成分が美容と健康にめちゃくちゃ良すぎて、切らしたら買いに行かなきゃと思うほどなのです。

Text&Photo:とまこ

シマグワで有名な沖永良部の島民性は「○○○○者」。製品も信頼できちゃうよ

島ごとに人々の性質に傾向があると聞きます。県民性ならぬ「島民性」。もちろん、全員が同じものをもっているはずもありませんが、まぁ長い年月、同じ環境と文化で土地が時を重ねてきたら、そこに生きる人々に影響がないはずもないかなと。

で、沖永良部に関してよく聞くのが「はたらき者」なんですよ。南の島の人って、大変に失礼ですが、どちらかというと「はたらかない」を聞く気がしていました。でもそれは「陽気で朗らか」の裏返しってことですよ、ここ重要。ともあれ、初めて南の島の沖永良部の人に関して「はたらき者だと昔から言われてるよ」と聞いたときはなかなかびっくりしたものです。
シマグワは時代の申し子か?! 期待できる美容効果がすごすぎてハッピー!【連載第48回】その2
写真でもわかるように、訪れてみると島は畑だらけ。隅から隅まできれいに耕されていて感心します。ちなみに作っているのは百合やジャガイモ、タバコなど。農業で潤う島なんですよ。

農作物は人間の事情など待ってくれないので休むわけにいかず、勤勉な島民性につながったのかもしれません。島ではたくさんの方々とお話ししましたが、実際はたらき者だなぁと感じることはよくあったし、いやらしい話、お金持ちの農家さんが多い気がしました(笑)。狭い島に成功例があると、より身近な話に感じられて、自然と働いた分だけお金持ちになれる、という意識が根付くのかなぁなんて……全て推測で恐縮です。

で、今回のテーマでどうして島民性を出したかというと。作物の栄養なんて目には見えないけど、勤勉な方々が育てる作物には、ちゃんと見えないそれらも濃密に詰まっていそうじゃないですか。信頼性抜群、ホンモノが手に入りそうだな、という個人的な期待がこもっているのでありました。

シマグワならではの成分「DNJ」の働きに注目! あなたもガッツリ喜ぶでしょう

沖永良部のあちこちで、シマグワとやらから作られている製品を目にしたんです。シマグワのお茶、青汁、そばなど。桑が健康にいいと昔から言われていることはなんとなく聞いたことがありましたが、シマグワとやらはそんなに推すほどのものなの? 聞いたり読んだりしたところ、屋久島以南に分布するシマグワは、本州の桑よりも有効成分がより濃密に含まれているんですって。
シマグワは時代の申し子か?! 期待できる美容効果がすごすぎてハッピー!【連載第48回】その4
ではそれはなに? 有効成分はたくさんありますが、特に注目すべきは「DNJ(デオキシノジリマイシン)」。DNAみたいだし、音楽DJの進化版みたいだし、昔から日本にある桑にそんなミーハーなものが含まれているなんて、急に興味をそそられました。

しかも、その働きもけっこうミーハーなのでもっと関心が湧きましたよ。だって、DNJは「糖質の吸収を抑える」のに有効なんですって。糖質制限が流行り続ける今、DNJは時代の申し子みたいな成分ですね。そんなわけでDNJをたっぷり含むシマグワのみを粉末状にしたシマグワ青汁即買いです、毎度あり!

他にもあります有効成分。お肌ツルツル、お通じスッキリ、期待がもりもり

シマグワには他にもうれしい成分がいっぱいです。DNJ以外で個人的に特に気になるのが、一般野菜より多く含まれているというクロロフィルとビタミンC。これらは相乗効果で美白・美顔に効くと言われていますよね。どちらも増量なら、なんて効率的なんでしょうか。
また、驚くのはカルシウムの含有量。牛乳の25倍も含まれているそうですよ。これも美容に良い成分。カルシウムは、お肌が新しく生まれ変わる(ターンオーバー)サイクルをスムーズにしてくれるんですって! さらには、肌のキメもこまやかにしてくれるし、肌の大敵紫外線に対するバリア機能も向上させてくれるそうです。夏に焼けてしまった肌を、ぜひシマグワに労わっていただきたいものです。

シマグワの有効成分を説明していただくと、ほんとにキリがありませんでした。なのでもうひとつだけ旅色プラス読者さんたちにもきっと喜ばれる成分をつけ加えると、シマグワは食物繊維が超豊富なんですって。昔から繊維質の代表格とされる野菜、天下のゴボウのなんと約7.5倍も含まれるとか。便秘でお困りの方にも朗報でしょう。

肝心の味はどうよ? シマ桑青汁を試してみた

うーん! いわゆる青汁の色ですね。でもまぁ、有効成分を一気に摂取できると思えば勢いもつきます。で、飲んでみると……味にとっかかりがありません。苦いと思っていたら苦味はなく、可もなく不可もなく、なんか青い野菜の風味があるような、しまりのない抹茶のような。決して美味しくないけど、苦しんで飲むほどでもないというのが結論ですね(笑)。「良薬口に苦し」と言いますが、苦くもないんだからまぁいいじゃないですか。美と健康に役立つと思って、ぜひ試してみていただきたいです。

ちなみに、牛乳に混ぜて飲んだり、ヨーグルトに混ぜて食べても大した影響はなかったので、個人的にはそうしています。
また、パンやパンケーキを焼くときには、生地に適量混ぜたりもしています。「糖分の吸収を抑え」つつ糖質をとるって、罪悪感がかなり和らぐんですよ(笑)。味はほんのり香ばしさがプラスされておいしいです、抹茶風味のパンと似ています。

おわりに

シマグワのこと、知れば知るほど頼りたくなりませんか? 美肌効果のみならず、糖質へのアプローチも一緒にできしまうなんて夢のようです。個人的には手放せないパートナーに出会えた気分で大満足です。

◆とまこ
明治大学在学中からバックパッカーとしてデビューし、卒業後は秘境ツアーコンダクターに。現在は旅作家&おしゃれパッカーとして本の執筆や講演、TV出演など多方面で活躍中。著書に『離婚して、インド』(幻冬舎文庫)、『世界の国で美しくなる!』(幻冬舎)、『台湾で朝食を 日常よ、さようなら!』(メディアパル)など既刊12冊。2018年5月14日には奄美観光大使に就任。

シマグワ 美容 旅色 旅行 旅作家 とまこ 鹿児島