どのスタイルが好み? 出雲・加賀・鬼怒川で過ごす“花旅“その0

どのスタイルが好み? 出雲・加賀・鬼怒川で過ごす“花旅“

2019-03-14
66865 Point
日本全国で展開している「星野リゾート 界」では、各地の桜を愛で、春を満喫する「桜・花旅」が3月1日~5月31日の間で開催されます。その中でも、出雲、加賀、津軽、鬼怒川で開催されるこの季節ならではのイベントをご紹介します。

島根の夜桜と文化を堪能する「界 出雲」

島根の夜桜と文化を堪能する「界 出雲」
島根県の玉造温泉にある「界 出雲」は、目の前に流れる玉湯川の川沿いに並ぶ400本もの桜並木が有名な桜の名所。夜間のライトアップされた桜を眺めながら、島根県の郷土料理「割子そば」をイメージした「割子菓子」と抹茶を楽しむことができます。

「界 出雲」では、神を祀るときに奏される島根県の伝統芸能の舞楽「石見神楽」が毎晩披露されています。日本神話に登場する人物が桜の下で舞う演出で春を感じることができますよ。

◆割子菓子販売
期間:2019年3月11日~4月26日
時間:15:00~21:30
料金:1セット500円
予約:フロント受付(1日5セット限定) 

◆お花見神楽
期間:2019年3月11日~4月26日 
時間:21:15~21:30 
場所:ロビー 
料金:無料

「大聖寺川貸切り流し舟」でお花見ができる「界 加賀」

「大聖寺川貸切り流し舟」でお花見ができる「界 加賀」
石川県の山代温泉にある「界 加賀」は、城下町の面影が感じられる加賀伝統の温泉宿です。
加賀でも随一の桜の名所である加賀市大聖寺に流れる大聖寺川沿いの桜並木を、手漕ぎの屋形船から鑑賞する「大聖寺川貸切り流し舟」でお花見ができます。

地域特産の加賀棒茶と地元の和菓子を味わいながら、歴史ある町並みや川に散っていく桜の様子を宿泊者限定の貸切屋形船で堪能しませんか?

◆大聖寺川貸切り流し舟
期間:2019年4月5日〜4月15日 
電話番号:0570-073-011(界予約センター)
出発時間:14:00(所要約30分)
場所:大聖寺八間道船乗場(界 加賀から車で15分)
料金:1名2,000円(税サ込)※宿泊代別
予約:5日前までに電話で申し込み(2名より受付)

「津軽四季の水庭」を楽しむ「界 津軽」

「津軽四季の水庭」を楽しむ「界 津軽」
青森県の大鰐温泉にある「界 津軽」は4月1日のリニューアルオープンに合わせ、津軽の文化に触れられる「津軽四季の水庭」が誕生します。

四季折々の異なる景色を楽しめ、春は桜の開花時期に合わせて水庭の回廊が桜色に染まります。
津軽の伝統工芸品である金山焼のランプが、りんごで染めた薄ピンクの布や伝統工芸品であるこぎん刺しで彩られているのも特徴です。

桜色に染まった水庭で、桜茶、りんご茶、りんご紅茶を自由に飲んでゆっくりと過ごしましょう。

◆津軽四季の水庭
期間:2019年4月25日〜5月10日  
時間:15:00〜22:00 

「花見露天」と「民藝夜桜バー」で過ごす「界 鬼怒川」

「花見露天」と「民藝夜桜バー」で過ごす「界 鬼怒川」
温泉旅館「界 鬼怒川」では、春を感じる「花見露天」と「民藝夜桜バー」でゆったりとしたひと時が過ごせます。

「花見露天」では、満開の桜の下で、名湯・鬼怒川温泉の湯浴みを楽しめます。夜には、桜のライトアップもされるので、湯面に写る夜桜を見ることができ、昼と夜で雰囲気の異なる桜を堪能できます「民藝夜桜バー」は、ライトアップされた夜桜を間近に眺められる「さくらの間」にオープンし、栃木県が誇る「とちおとめ」を使用した見た目にも美しいカクテルを味わえます。

◆花見露天
開催期間:2019年4月9日~4月14日※開花状況により前後、ライトアップは日没後~翌1:00まで
場所:大浴場

◆民藝夜桜バー
開催期間:2019年4月9日~4月14日※開花状況により前後
時間:20:30~22:00
場所:さくらの間 
料金:カクテル1杯1,000円

おわりに

「星野リゾート 界」で開催する「桜・花旅」は、他にも日光や松本、長野、阿蘇などでも行われます。
ぜひお気に入りのお花見スタイルを見つけてください。

星野リゾート 旅行