かゆいところに手が届いた
“あるとうれしい”キャンプギアその0

かゆいところに手が届いた “あるとうれしい”キャンプギア

2020-10-14
41953 Point
涼しくなってきて、さわやかな環境下でアウトドアやキャンプができる季節になってきました。そんなアウトドアの楽しみのひとつが、どんどん進化するキャンプギアです。かゆいところに手が届いた、あるとうれしいキャンプギアをご紹介します!

使い方の可能性は無限大! フックがポイントの日本製鍛造ペグ

使い方の可能性は無限大! フックがポイントの日本製鍛造ペグ
タープやテントなどを張るときにロープを地面に固定するアウトドアアイテムのペグが進化。キッチン用品やアウトドア用品のブランド・i-WANOが、ペグだけでも便利に使える究極の日本製鍛造ペグ「岩野ペグ」を発売しました。伝統ある鍛造工場と、i-WANO、そしてベテランキャンパーが試行錯誤を重ねて1年以上かけて作り出した最高スペックのペグとなっています。

ほかのペグにはない唯一無二のツメを活かしてランプや蚊取り線香をかけたり、数本使って焼き網を乗せたり、自在金具を使わずにテントを固定したりとさまざまな使い方ができます。打ち損じがないように打ち込みやすいヘッドだったり、ロープがズレないようにガイドラインを固定する部分に段差があったり、独自の溝を設けて抜けにくくしたりと、さまざまな工夫が施されているので、使いやすさも格別ですね。

焼き網に焦げ付かず、きれいにサンマが焼ける! 「炭火サンマ焼き器」

焼き網に焦げ付かず、きれいにサンマが焼ける! 「炭火サンマ焼き器」
アウトドアブランドの「LOGOS」から、キャンパーや釣り好きに嬉しいアイテム「炭火サンマ焼き器」が登場しました。これはアウトドアでサンマやイカ、カツオなどの細長い食材を調理するのにぴったりのアイテムです。

「炭火サンマ焼き器」は、サンマがすっぽり入る細長い器具。これに魚を入れれば焼き網に魚の皮がくっつかないため身崩れせず、焼き網にも焦げ付くことがないのでお手入れがとてもラクに! また、簡単にひっくり返せるようにハンドルが付いているので、身がボロボロにならずに焼き上げることができます。使わないときにはハンドルを内側に収納できるので、持ち運びや保管時にも邪魔になりません。サンマを手軽に、そして見た目にもキレイに炭火焼きできるので、初めてアウトドア調理に挑戦する人にもおススメですよ。

入荷3年待ちのフライパン「おもいのフライパン」に新サイズ24cm(深型)が登場!

入荷3年待ちのフライパン「おもいのフライパン」に新サイズ24cm(深型)が登場!
注文しても入荷が3年待ちになるほど大人気のフライパン「おもいのフライパン」に、新しいサイズが登場しました。「おもいのフライパン」は、1938年創業の老舗鋳物屋・石川鋳造が製造販売する“世界一お肉がおいしく焼けるフライパン”を目指して開発したもの。テフロンなどのフッ素樹脂コーティングやセラミックコーティングのフライパンは寿命が約2年といわれていますが、「おもいのフライパン」は無塗装の鋳物なので、お手入れをちゃんと行えば買い替える必要がない一生モノのフライパンです。

今回新しく発売されるのは、焼く、炒めるほかに蒸す、炊く、揚げる、茹でる、オーブンで焼く、煮るといった多種多様な調理が一枚でできてしまうほど万能な24cmの深型タイプ。このフライパンさえあれば一生困らないという優れものです!

おわりに

今回は、かゆいところに手が届く、あるとうれしいキャンプギアをご紹介しました。進化した最新ギアで、便利で楽しいアウトドアライフを満喫しましょう!

キャンプ ギア 発売 旅行