≪体験レポ≫希少品種イチゴも世界遺産も。旅色☆大使が行く!イチゴ狩りバスツアーその0

≪体験レポ≫希少品種イチゴも世界遺産も。旅色☆大使が行く!イチゴ狩りバスツアー

2017-02-28
102198 Point
イチゴ狩りのシーズン真っ盛り。今回は希少なブランドイチゴと世界遺産をいっぺんに楽しめる魅力的なバスツアーを、旅色☆大使の神奈川代表である芳美リンさんが体験しました。美味しいグルメと美景でお腹も心も大満足なバストリップへ出かけましょう。

Photo/中川文作

イチゴ栽培のハウス数が東日本一の「いちごの里」へ

イチゴ栽培のハウス数が東日本一の「いちごの里」へ
さっそく栃木県小山市にある「いちごの里」で、希少イチゴ「スカイベリー」の食べ放題!ここ「いちごの里」はイチゴを栽培するハウスが70以上もあり、ハウス数は東日本一なんだとか。ハウスがどこまでも続く広い園内を歩くだけで、旅気分が盛り上がります!
栃木県内でもスカイベリー狩りを実施しているところはまだ少なく、ツアーに参加したお客さんも、この食べ放題を一番楽しみにしている人が多くいました。
≪体験レポ≫希少品種イチゴも世界遺産も。旅色☆大使が行く!イチゴ狩りバスツアーその2
「スカイベリー」は、「とちおとめ」の後継種として開発された大粒イチゴです。きれいな円錐形で、甘味がありつつ酸っぱさも感じられる味わいでとってもジューシー。
≪体験レポ≫希少品種イチゴも世界遺産も。旅色☆大使が行く!イチゴ狩りバスツアーその3
2~3粒食べれば一日分のビタミンCがとれるのだそう。でもみなさん、10個以上は食べていたと思います。私も心ゆくまでパクパク……15個ほど食べたかも?
「スカイベリーのように甘味が強いブランドイチゴは、練乳がいらないんですよ!」と農園の方から伺いましたが、ほんとに甘くて練乳いらずでした。
≪体験レポ≫希少品種イチゴも世界遺産も。旅色☆大使が行く!イチゴ狩りバスツアーその4
園内にはイチゴのパック売りをしている直販所はもちろん、イチゴたっぷりのタルトやイチゴを原料にしたワインなどを販売している「ベリーベリーマルシェ」もあるので、お土産も買えますよ。動物との触れ合い広場やレストランもあるので何度行っても楽しめそうです。

◆いちごの里
住所:栃木県小山市大川島408
電話:0285-33-1070

昼食は寄せ豆腐づくり体験もできる特別メニュー

イチゴ狩りのあとは日光市まで移動して昼食です。日光東照宮すぐそばの「磐梯日光店」では、ビーフシチューに湯波スープ、栗おこわなどツアーのためにつくられたボリュームたっぷりの特別メニューが食べられます。つくりたての寄せ豆腐は一味違った美味しさです。ビーフシチューは具材も大きくて食べごたえばっちりでした。

また、このお店は1階にお土産屋さんも。日光名物の「金箔入り日光カステラ」がここで購入できるので、お土産にゲットしておきましょう。

◆日光磐梯店
住所:栃木県日光市本町1-1
電話:0288-53-2555
営業時間:8:30~17:00

たっぷり2時間半ある日光散策へ

昼食後からは自由時間です。お腹いっぱいになったところで日光散策に出かけましょう。昼食も含めて2時間半あるので、ゆっくり巡っても大丈夫。日光磐梯店から西参道を通ってまずは国宝、大猷院(たいゆういん)へ。ここまではゆる~いい上り坂なのでちょっと息があがりますが、緑が多く深呼吸するといい気もち。大猷院は徳川三代将軍、家光公の墓所で、境内には世界遺産に登録された22の国宝、重要文化財が建っていて、315基の灯篭も幻想的です。写真はこちらも重要文化財である仁王門の前で。

◆日光山 輪王寺
住所:栃木県日光市山内2300
電話:0288-54-0531

世界遺産、日光東照宮では修復が終わった眠り猫がお出迎え

徳川家康公の遺言によって創建された日光東照宮は、1999年に世界遺産に登録されました。陽明門や眠り猫、三猿など多くの建物や彫刻が国宝や重要文化財に指定されています。2016年2月現在は「平成の大修理」と呼ばれる本殿・石の間・拝殿、陽明門の2棟を大規模に修理工事する時期。「日光はどこもかしこも修理中か……」と最初はちょっぴり残念に思いましたが、バスガイドさんが「修理の様を見ることができるのは平成では今回限りかも…逆に珍しいですよ」と話しているのを聞いて、得した気分に笑。日光山 輪王寺の三仏堂では特設の「展望見学通路」を修理期間限定でオープンし、修理現場を見ることができたりもします。みなさんも修理の様を楽しんで見てみるといいかもしれません。
有名な三猿も2018年まで工事中ですが、レプリカでその姿を見ることができます。
平和の象徴とされる眠り猫の彫刻は、2016年の11月に美装化工事が完了。すやすや眠るその表情に、ほっこり癒されます。眠り猫のチャームが付いたお守りも可愛くて即買いしました!
ただ、ここは狭い通路になっていて人の出入りも激しいので、眠り猫と一緒に撮影したい場合は門の下にきたらすぐに撮影し、ササッと移動できるようにした方がよさそうです。
御本社や天井に鳴き龍が描かれていることで有名な薬師堂など見どころを巡ったら、最後に重要文化財の五重塔の前で。こちらの五重塔もですが、東照宮はどの鮮やかな色彩の建物が多く、煌びやかな風情を楽しめました。関東からこんなに近場で雅を感じられるところがあるんだな……と再認識。

◆日光東照宮
住所:栃木県日光市山内2301
電話:0288-54-0560(日光東照宮)
入場料:大人・高校生1300円、小・中学生450円

さんぽの疲れはスイーツ食べ放題で癒します

表参道のゆるやかな坂を下り、「神橋」の方まで足を延ばし、大谷川のせせらぎを聞きながら集合場所の「日光カステラ本舗」へ。歴史ある建物と自然を満喫した後は、美味しい和菓子の食べ放題の時間です。とちおとめのイチゴ大福と和菓子3種、温かいぜんざい、コーヒーがおかわりし放題で、ほどよく運動した体に優しい甘さが染みわたります。練り切りの和菓子や大福は見た目が可愛くてついつい全種類とってしまいました。
抹茶とあんこのパンケーキはその場で焼き立てをいただきます。生クリームたっぷりですが、あんこが付いているので運動直後でもぺろりと食べられましたよ。30分、ゆっくりスイーツタイムを味わったら本日のツアーは終了。帰りのバスの中でイチゴ大福のお土産ももらえて大満足!話題のブランドイチゴや世界遺産、自然も楽しめる充実プランは想像以上に栃木を堪能できる内容でした。

◆ツアー行程表
千葉県西船橋駅南口出発(07:30発)※出発時間は集合場所により異なる
↓(バスで2時間半ほど移動)
栃木県栃木市「いちごの里」でイチゴ狩り(30分ほど)
↓(バスで1時間半ほど移動)
磐梯日光店で昼食、日光散策(150分)

日光カステラ本舗でスイーツバイキングとパンケーキ(30分ほど)

千葉県西船橋駅南口到着(18:00ごろ)
※催行スケジュールでは19:30到着でしたが、渋滞もなく
早めに到着しました。

バスツアーだからこそ離れた観光スポットを巡れ、行き帰りの道中も景色をのんびり楽しめます。この春はバスツアーでイチゴ狩りに出かけませんか?

※寺院の拝観料はすべて別料金です。

◆世界遺産の日光とふわふわパンケーキ&スカイベリー狩り
設定期間:2017.1/1 ~ 5/6、7、8、10(最終日は出発場所によって異なる)
旅行代金:9,680円~ 10,280円(催行日により異なる)
出発場所:浜松町、池袋、横浜、さいたま新都心、西船橋、松戸

はとバスツアー「世界遺産の日光とふわふわパンケーキ&スカイベリー狩り」はこちら

 

【関連記事】関東でイチゴ狩りができるスポット4選

冬から春にかけて、イチゴ狩りの季節がやってきました♪甘くて美味しいイチゴは小ぶりでたくさ...


【関連記事】効率のいい食べ方してる?バイキングを120%楽しむ方法

たまには、思い切って心ゆくまで美味しいものを堪能したいですよね。そんなとき、お得に美味...

はとバス イチゴ狩り 世界遺産 日光 ツアー 栃木県 旅行 国内 旅色☆大使