展覧会「生命の庭─8人の現代作家が見つけた小宇宙」その0

展覧会「生命の庭─8人の現代作家が見つけた小宇宙」

2020-10-20
14439 Point
東京・白金台にある東京都庭園美術館では、2020年10月17日(土)から2021年1月12日(火)まで展覧会「生命の庭─8人の現代作家が見つけた小宇宙」が開催されます。
芸術の秋、自らも自然のひとつであるはずの人間と、自然との関係性を問い直すさまざまな作品に触れることができる展覧会に行きませんか?

生命の庭─8人の現代作家が見つけた小宇宙

生命の庭─8人の現代作家が見つけた小宇宙

生命の庭ポスター


東京の白金台にある東京都庭園美術館で2020年10月17日(土)から2021年1月12日(火)までの開催となる「生命の庭─8人の現代作家が見つけた小宇宙」は、人間と自然との関係性を問い直すことをテーマに現代日本作家の作品を集めた展覧会です。
地球環境に合わせて進化を遂げ、高度な知性を獲得した一方で、バーチャルに囲まれた暮らしの中で自分たちが自然の一部であることを忘れてしまいがちな人間もまた、大きな生命の流れの中にいるということを実感できるイベントとなっています。


絵画や彫刻だけでなく、映像やインスタレーションなどもある個性豊かな8人の作家の作品を楽しみましょう。

現代日本を代表する8人の作家

現代日本を代表する8人の作家

青木美歌《あなたと私の間に》 2006
写真:Yuske Sato


展覧会「生命の庭─8人の現代作家が見つけた小宇宙」には、人間と自然との関係性を問う現代日本作家8人の作品が出品されます。


菌類やウイルス、細胞といったミクロなモチーフを表現するガラス作家の青木美歌 、動植物の表現を得意とする淺井裕介、国際的に活躍する加藤泉、風景をモチーフとする康夏奈、絵画と場所・光の関係性を扱う小林正人、各地の風景や伝統的な紋様・物語をもとに版画・油絵・ドローイングを制作する佐々木愛、フィールドワークをもとにドキュメンタリー映像を制作してきた志村信裕、花や造花を用いて自然と人工の対比を表現した山口啓介の8人による絵画や彫刻、インスタレーションなどが展示されます。

アール・デコの館と現代アート

アール・デコの館と現代アート

東京都庭園美術館本館 



「生命の庭─8人の現代作家が見つけた小宇宙」が開催されるのは、昭和8年に竣工された朝香宮邸が使われている東京都庭園美術館です。
歴史を感じさせるアール・デコの館で開催される現代美術の展覧会なので、その対比も楽しめます。


旧朝香宮邸にはフランスのガラス工芸家であるルネ・ラリックによるガラスレリーフのほか、見ごたえのある装飾品が至るところに見られます。

【2020年10月31日(土)限定】無料で参加できる、仮面づくり&ライブパフォーマンスも

【2020年10月31日(土)限定】無料で参加できる、仮面づくり&ライブパフォーマンスも

東京都庭園美術館芝庭


東京都庭園美術館の芝庭では、2020年10月31日(土)15:00より展覧会「生命の庭─8人の現代作家が見つけた小宇宙」の関連イベントとして、出展作家の加藤泉が率いるバンド「THE TETORAPOTZ」の無料ライブも開催します。

「THE TETORAPOTZ」は、絵画、彫刻、映像やインスタレーションなどの各分野で活動するメンバー5人によるロックバンドです。歌詞や曲はもちろん、PV、レコード、舞台装置の設計にいたるまで、メンバー自身で全てを制作しています。
国内外の美術館やアートフェスティバルを中心に活動中で、国の垣根を越えて誰でも楽しめる音楽です。

また、同日12:00~14:00の間で、覆面スタイルのバンドメンバーたちとお揃いの仮面を作ることもできます。オリジナルの仮面を作って、一緒に歌って踊りましょう!



◆生命の庭─8人の現代作家が見つけた小宇宙
場所:東京都庭園美術館 本館・新館
電話番号:050-5541-8600
会期:2020年10月17日(土)〜2021年1月12日(火)
時間:10:00〜18:00
定休日:第2・第4水曜日
料金:一般 1,000円、大学生(専修・各種専門学校含む) 800円、中学生・高校生・65歳以上 500円

おわりに

芸術の秋、美術館そのものにもアートが感じられる東京都庭園美術館にて開催される「生命の庭─8人の現代作家が見つけた小宇宙」は、コロナ禍の今だからこそ改めて問い直したい人間と自然との関係性がテーマとなっています。
ぜひ足を運んでみてください。

アート 東京 宇宙 旅行