「上越市立水族博物館 うみがたり」新潟に2018年6月グランドオープン決定!その0

「上越市立水族博物館 うみがたり」新潟に2018年6月グランドオープン決定!

2017-12-26
32144 Point
旧上越市立水族博物館の隣に建設中の「上越市立水族博物館 うみがたり」のグランドオープンが2018年6月に決定! 開業日は後日発表とのことですが、どんな水族館がオープンするのか、その気になる内容をお届けします。

上越市の新たなシンボル&ランドマーク、2018年6月グランドオープン!

上越市の新たなシンボル&ランドマーク、2018年6月グランドオープン!
「上越市立水族博物館 うみがたり」は、80年を超える歴史を受け継ぎ、生まれ変わる「上越の海のシンボル」というテーマのもと、2018年6月のグランドオープンに向けて現在工事中。

槽と日本海の水面が一体に見える大水槽の上部が開放された空間「日本海・夕日ゾーン」(仮称)、陽の光が差し込み、時間や季節によって表情を変える大水槽「水中トンネル・大水槽」(仮称)、雄大な日本海を背景に、バンドウイルカの豪快なジャンプをお楽しみいただける「イルカショープール」(仮称)、屋外通路を歩きながら、巣の中で卵を温める様子などを観察できる「マゼランペンギンエリア」(仮称)など、上越市の新たなシンボル、ランドマークとなることを目指しています。

大水槽 日本海・夕日ゾーン

大水槽 日本海・夕日ゾーン
水槽と日本海の水面が一体にみえる大水槽の上部が開放された空間。日本海の広がりと美しさを楽しめます。

水中トンネル・大水槽

水中トンネル・大水槽
陽の光が差し込み、時間や季節によって表情を変える大水槽。足元まで全面アクリルガラスのトンネルで優雅に泳ぐ日本海の生き物たちとお散歩を。

イルカショープール

イルカショープール
雄大な日本海を背景にバンドウイルカが豪快にジャンプ! 2階のホールからはまた違ったパフォーマンスを魅せてくれます。

マゼランペンギンエリア

屋外通路を歩きながら、巣の中で卵を温める様子などを観察。飼育数日本一のマゼランペンギンを、圧倒的な近さで体感できます。


6月にオープンする「上越市立水族博物館 うみがたり」。自慢の大水槽上部から壮大な日本海の景色を眺められたり、好奇心を刺激する展示など、ワクワクできる水族館になりそうです。新潟のシンボルを目指す水族館、オープンしたらぜひ訪れてみたいですね。


◆上越市立水族博物館 うみがたり
住所:新潟県上越市五智2丁目15-15
オープン日:2018年6月予定


【関連記事】“ひとりぼっち”もいいんじゃない?仙台うみの杜水族館で「おひとりさまナイト水族館」開催

海と人、水と人との、新しいつながりを「うみだす」水族館、『仙台うみの杜水族館』では、初...


【関連記事】マリンアクティビティを制する者が夏を制す。美しい万座ビーチへダイブ!

夏本番、この時期ならではのアクティビティで外せないのがマリンスポーツです。ダイビング、...

上越市立水族博物館うみがたり 新潟県 水族館 観光 旅行 国内 オープン 2018年 水族館