新しいスタイルのクレープの虜。「TOKYO CREPE GIRL」その0

新しいスタイルのクレープの虜。「TOKYO CREPE GIRL」

2017-10-22
58953 Point

image source: tabiiro.jp

「TOKYO CREPE GIRL 」が提案する新しいスタイルのクレープは、多彩なフレーバーを試せる小ぶりなサイズ。テイクアウト専門店ながら、パティシエの作るレストランで出てくるような本格スイーツが味わえます。

コンセプトはスイーツ×音楽×デザイン

コンセプトはスイーツ×音楽×デザイン

tabiiro.jp

「TOKYO CREPE GIRL」のコンセプトは、スイーツ×音楽×デザイン。今までにない新しいスタイルのクレープを提案しています。
お台場ダイバーシティ東京プラザのショップは、森田恭通氏が店舗デザインを手掛けていて、とてもおしゃれ! 立ち寄りやすくかわいらしい外観が、多くの女性から支持をうけています。

小さめサイズが嬉しい

小さめサイズが嬉しい

tabiiro.jp

クレープは好きだけれど、カロリーが気になるという人はたくさんいますよね。また、色んなフレーバーが気になっても、ひとつ食べたらお腹いっぱいになってしまうという悩みもあります。

ですが、「TOKYO CREPE GIRL」の「ラップクレープ」は、高さが18センチ、直径6センチの小さめサイズになっています。小腹を満たすにも、色々なフレーバーを試すにもちょうどいいサイズ感です。

フレーバーはクレープ生地のおいしさを味わえるベーシッククレープ、「ベーシックハニー」や「ベーシックメープル」のほか、お食事系クレープとして「新鮮トマトとカリカリベーコン」「ふんわり卵とハムサラダ」など全15種類。少しづつ、いろんな味わいを楽しんでください!

クレープシュゼット

「TOKYO CREPE GIRL」で食べられるのは、小さなクレープだけではありません。フランスで生まれた「クレープシュゼット」も、レストランで提供されるかのような本格スイーツとして販売しています。

こちらでは、いちごとバニラ、マンゴーなどの温かいクレープシュゼットのほかに、ひんやりとしたソースをかけた冷たいクレープシュゼットもラインナップ。なかなか食べる機会のない本格スイーツのクレープ、ぜひ試してみたいですね。

手軽に食べられるキュートな「ラップクレープ」と、フルーツたっぷりの「クレープシュゼット」、どちらもぜひ一度は食べてみたい本格スイーツです。


◆TOKYO CREPE GIRL ダイバーシティ東京プラザ店
住所:東京都江東区青海1丁目1番地10号 ダイバーシティ東京プラザ2F 東京グルメスタジアム内
電話番号:03-6457-2633
営業時間:10:00〜22:00


TOKYOCREPEGIRL クレープ スイーツ 飲食 旅行 国内 東京都 都内 お台場