お花見シーズンにぴったりのビールで乾杯!2月22日より春限定発売その0

お花見シーズンにぴったりのビールで乾杯!2月22日より春限定発売

2018-02-12
20349 Point
香り豊かな“エール”一貫主義のクラフトビールメーカー「サンクトガーレン」より、まるで、飲む“桜餅”かのような、桜の風味豊かなビールが発売されます。長野県伊那市高遠の桜の花と葉を副原料に使ったビールで、ホワイトデーギフトや、お花見シーズンにぴったりです。

4月初旬までの季節限定で発売

4月初旬までの季節限定で発売
長野県伊那市高遠の桜の花と葉を使ったビール「サンクトガーレン さくら」は、2018年2月22日(木)から4月初旬までの季節限定で発売。ほんのり桜餅風味で、春の訪れを感じられる味わいです。
お花見シーズンにぴったりのビールで乾杯!2月22日より春限定発売その2
通常、ビールは大麦麦芽でつくられますが、「サンクトガーレン さくら」は小麦麦芽を併せて使用。そのため、柔らかい口当たりが特徴です。ビールの苦味のもとになるホップの量は抑え、高遠の桜の花びらと葉で風味付け。桜茶などにも使われる食用の八重桜を1回の仕込み(2340L)に60kg使用しています。

桜の花よりも葉の使い方にポイントが

桜の花よりも葉の使い方にポイントが
原料として使用している高遠の桜は、「天下第一の桜」と称され「さくら名所100選」にも選ばれるなど全国的にも有名。桜特有の香り成分は花よりも葉のほうが多く含まれていることから、それをヒントに納得の味に仕上げています。
お花見シーズンにぴったりのビールで乾杯!2月22日より春限定発売その4
桜の花だけでなく、葉も使った新感覚のビールは、お花見の席でも話題になりそう。桜を見ながら桜のビールを飲む、贅沢なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。


◆サンクトガーレン さくら
アルコール:5%
容量:330ml
価格:463円(税込)
原材料:麦芽、ホップ、桜 ※香料は不使用。2018年2月22日の発売時点では日本の酒税法で花がビールの副原料として認められていないため、発泡酒表記。2018年4月の酒税法改正で花がビールの副原料として追加されるため、以降はビール表記へと変更。


【関連記事】東京は3月18日ごろから開花スタート?「桜開花予想2018」発表

日本気象株式会社が2018年1月19日に発表した「桜開花予想2018」によると、全国で最も早い開花...


【関連記事】世界初!今春「大阪国際空港」内にワイン醸造所・ワインバルが登場

2018年4月18日(水)に大阪国際空港(伊丹空港)内に、新たにワイン醸造所「大阪エアポートワ...

お花見 ビール 観光 アルコール 旅行 限定